考古学者のエトエセトラ

考古学というのは現代に残る過去の痕跡を基に研究を行い、過去に起きた出来事について人類の活動の歴史を探求する学問のことです。文字の残っている時代の出来事であれば文献による研究を行うことが可能ですが、文字の存在しない時代の文化や歴史をたどることは極めて困難であり、史跡に基づいた考古学者の想像力が問われるところです。
一般的には考古学は人類学の一部であるという見解が主流となっています。考古学というと古い書物を探してそれをまとめる作業であるという認識の人がいます。そのような時代探求の方法も確かにありますが、考古学が一つの科学として成立するのはそのように文字として残っていない時代の研究を科学的に行っていけるだけの様々な科学的手法が存在しているからであると言えます。
そのような科学的な分野に実験考古学というものがあります。これは過去の遺物や建築物を模式的に制作してみたり使ってみたり、あるいは壊してみたりすることで現在の構造物がどのようにして作られたかを理解することができるようになります。また断片的な遺物からその時代の生活様式を想像して仮説を作り、その証拠となる発掘を行うことで検証していくという作業があります。発掘した出土品は科学的にその年代を推定する方法が確立されており、考古学者の単なる想像ではなく科学的な根拠を背景に論を組み立てることができる科学的な分野になっているのです。
考古学にとって重要なのは収集するデータです。人類の過去の活動や行為を示す物的な証拠を集めていく地道な作業が非常に重要なのです。この証拠となるものは人類がある明確な目的を持って制作加工したものであったり、人類が利用した形跡のある自然界の物質であったり、人類の活動によって変化が生じた自然物等が存在しています。それぞれ文字のない時代の例としては石器であったり、矢尻であったり、壁画などがそれぞれの物的な証拠として現代に残っています。

ホテル予約ウェブサイト

マニラの格安ホテル

地図から探せるのが便利。マニラのホテルサイト

ハワイの格安ホテル

観光に最適のホテルがわかる、ハワイのホテルランキング

中国の格安ホテル

中国の注目都市、成都のホテルもこちらから


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です