一つの国を探求する良さ

世界はいろいろな文化を持ち、外国旅行に行けば、自国の常識が通らないことはしばしばあります。
これは、地理的変化による文化の違いですが、時間的変化による文化の違いもあります。
時間的変化とは、現在、過去、未来と考えるとわかりやすいでしょう。
現在は今の生活からわかりますが、未来は先のことなので完全に予測することは不可能です。
では、過去はというと、歴史で習うことはあっても、自分が生まれていない時代の文化を完全に知っている人はいないと思います。
過去の書物や遺跡などを調べながら、知識と経験から、過去の文化を推測するのが考古学です。
考古学は完全なものとはいえません。なぜなら、考古学者がタイムマシンで過去に行ってきたわけではないからです。
あくまでも、仮説を立てながら、新しい遺跡や歴史的書物が発見されたときに、仮説との整合性がとれていれば、信憑性が高まることになりますが、仮説との整合性がとれなければ、今までに習った歴史が変わることもあります。
考古学者が世界中を探求することは地理的変化と時間的変化の両方を把握しなければいけないので、とても大変なことです。
時間的変化を無視してしまうと考古学ではなくなるので、地理的変化を無視する。
すなわち、一つの国を探求することが考古学にとっては密度が濃く、より具現化しやすいと言えるでしょう。
また、ある国に限定することで、その国を長い時間かけて、調査できるので、地質調査や発掘調査をすることができます。
大森貝塚を発見したエドワード・モースも列車の窓から貝殻が積み重なっているのを大森駅付近で発見し、発掘調査を行ったことで、貝殻のほかに土器、土偶、石斧などが発見され、縄文時代に人間が住んでいたことがわかりました。
このときに大森貝塚が発見されなければ、現在も存在しないかもしれませんし、地質調査や発掘調査をしていない地域に、まだ、歴史的に重要なものが眠っているかもしれません。そういう意味でも一つの国を探求する面白さがあります。

ホテル予約ウェブサイト

インド満員御礼ホテル

出張に便利。インドの機能的なホテルも多数掲載

ニュージーランド満員御礼ホテル

テカポ湖など、人気のニュージーランドリゾートはこちらから

ドバイホテル トリップワサビ

エリアと価格帯で探せる、ドバイのホテルサイトです


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です