考古学者になりたい

考古学は、過去の遺物や遺構の発掘などを通じて人類の営みを研究する学問ですが、その研究に携わる考古学者として特に必要な資格要件があるわけではありません。
しかしながら、考古学を専門的に研究していることが大前提となるため、一般には大学の史学科にまず入学し、必要な知識・経験を習得することになります。史学科を開設している大学はそれほど多くはありませんので、大学の選択からある程度進路が絞り込まれます。
大学教授を目指すのであれば、さらに修士課程、博士課程へと進み、論文の執筆、学会や学会誌への発表などを経て、助教や講師の募集があるまで待つことになりますが、狭き門といえます。
就職する場合、一つに博物館の学芸員となる手があります。大学で必要な単位を取得すれば学芸員補資格を得られますので、専門知識を生かしながら館内の展示内容の企画や運営に携わることができます。
また、埋蔵文化財センターを持つ自治体への就職も考えられます。ただし、専門の技師としての採用は少なく、一般の行政職として採用された場合、必ずしも異動希望が満たされないこともあります。
さらに、民間の発掘業者に就職するという手段もあります。ビルやマンションの予定地が埋蔵文化財包蔵地である場合も多いことから、発掘調査には一定の需要があります。建設会社からの委託により調査を指揮し、報告書を取りまとめる仕事で専門性を活かせます。

■おすすめサイト

ギリシア神話を知ろう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です