ロマンの世界「考古学」

考古学というのは、言わばロマンを追う世界であること言われます。考古学者たちは様々な文献や資料を元に、無いものを有る、と仮定しつつ研究を進めていくのです。仮説をたてることは研究上どの分野においても必要不可欠なことではありますが、それを立証するためには新た場資料や移籍物を発掘し、証拠としなければならないのです。資料を総合的に調査した上で発掘場所を決め、そこから発掘がスタートします。長年考古学の研究を続けている方でも、定年までその現物が発掘できないということは珍しいことではありません。むしろ発掘できる事のほうが稀であって、長い歳月を経ても出てこないままに終わってしまうこともあるのです。

よって、考古学自体がないものをあると仮定し、一心に追い求めることであることから本当にロマンの世界であるということがお分かりいただけるのではないでしょうか。
ロマンの世界であるといえどもむちゃくちゃな仮説を立てれば誰も見向きもしてくれません。しかしながら、研究費度外視で調査を継続したところ、その無茶苦茶な仮説を裏付ける資料や遺跡跡を発掘できたことも多いのです。あまりに突拍子もない仮説なので、通常は他の研究者にも見向きもされないのです。しかしながら、考古学の研究を続けていくことで稀に幸運にも発掘できることはよくあるのです。この点は幸運と根気強さ、そして地道な研究など様々な要素が絡み合ってやっと成果が出せるのであります。

日本では、未だ邪馬台国卑弥呼の王朝の位置がはっきりとわかっていません。その謎を追い求めている研究者は数多くいるのであります。それを裏付けられる資料はいくつも出てきていますが、具体的な位置は未だわかっていないのであります。さて、考古学を続ける上において欠かすことができない事柄、それはロマンを追い続けるということです。諦めてしまったらそこで終わりです。研究の世界では、どちらかと言うと早い者勝ちというルールが有るため、先に見つけたほうが第一人者としてなお残すことが出来るのです。途中で諦めてしまった発掘を他の研究者が継続し、そこで何か発掘された場合には、苑発掘を行った人の名前が後世に残るのです。よって諦めてしまった場合はそこでゲームオーバーです。予算の関係から諦められてしまった発掘や研究というのは、世の中にゴマンと存在します。しかしながら半世紀以上の時を経て再びロマンを追い求める研究者が出現するものです。

おすすめサイト

喜ばれる出産祝いにBabychu(べびちゅ)のベビー服を贈ろう
かわいいベビー服の情報を毎日更新!スマホから注文、会員登録で500ポイントプレゼント

ドコドアは競合サイトに負けないホームページ制作
検索エンジンにどのような評価をされているのかをあらゆる角度から分析し、今行っていることが正しいのかどうか、求められているものが何かを持続的に解析していきます。

オーディオ買取はリサイクルショップより専門店
壊れていてもパーツとして人気があれば査定額に期待できるかも

シェムリアップでオススメゲストハウスとは?
評価をチェックして自分に合った施設を探せる

小旅行もロングステイも安心のスーツケースレンタル
大きさや色を選べるからどんなシーンでも便利に利用可能


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です